薪ストーブのある生活へのいざない




薪ストーブのぬくもりを象徴するもの


それは、家族の温かさです。


世間は厳しく忙しいことばかり。

競争原理と貨幣経済がしのぎを削り、
人間らしさなどみじんもなく。
子どもも大人も
なぜこうまで忙しくするのでしょう。


現代日本では
やすらぎが必要です
例えば会社で学校で
どんなに辛い目に遭ったとしても

家に帰れば
家族が温かくいつも通りに迎えてくれる。

それは
まさしく薪ストーブの炎のぬくもり。

家に帰れば
優しさが待っているから
またがんばれる


子どもは知っています

本当の暖かさと安心を



あなたの家族に
本当の暖かさとやすらぎを与えたい



「薪ストーブ日和ニセコ」
湯口 公

powered by crayon(クレヨン)