極北ーフラム号北極漂流記  フリチョフ・ナンセン


_NSK6470 (1).jpg
北欧の海を旅してきたノルウェーの薪ストーブ

以下、ヨツールF 400のカタログから抜粋します。

古くから海の民族であったノルウェー人、かつては戦場でも、海で凍えた身体を暖めるのに薪ストーブを使ってきました。本体側面には、ノルウェーの海岸線と祖国に帰還する船の模様など、海に関するレリーフが施されています。また薪ストーブ全体には海図を表す格子模様が描かれ、内部の燃焼室の壁面には羅針盤の模様が展開されています。その昔、世界を席巻した海の男達の魂が、時を超えて伝わってくるようです。


_NSK6146.jpg
扉を開けたら、F400とひと目でわかる羅針盤デザインは
とてもロマンティックです。

羅針盤→船→ノルウェー(ヨツールのある国)

とくれば、

北極探検家の「フリチョフ・ナンセン」を思い出します。
ダウンロード.jpeg

今から120年以上も昔、人類が北極点にまだ到達していない時代に
「わざと船ごと流氷に乗って北極海を流されながら、北極点を目指した冒険家」です。ダウンロード (2).jpeg

結局、北極点には到達できなかったのですが、
そのプロセスは科学的かつ野心あふれるもので
その記録始終の話は和訳もされていてとてもエキサイティングなのです。

アラスカでジプシー飛行をしていた2010年、
私はこのナンセンの本の和訳版「ナンセン・極北 沢田洋太郎訳」
を故・星野道夫さんの書斎からお借りして
北極海沿岸の飛行旅に持ち出し、
ツンドラの上に着陸して愛機の翼の下に張ったテントの中で寝袋にくるまって
この冒険記をドキドキしながら読みふけったものでした。

時には飛行中でさえ読んだ覚えがあります。

ナンセンの探検船にはたしか薪ストーブが積んであったと記憶していますが
それも5年前に読んだ記憶なので定かではありません。

もう一度、この本をどこか日常から離れたどこか、
できればヨツールの炎のまえで
ひとり反芻するように読みふけりたいものです。

ナンセンの回想シーンに祖国ノルウェーの風景や地名が
たくさん出てきた覚えがあります。

ヨツールを愛する皆さんは、ぜひ読んでみると良いかも知れません。
(調べてみると、現在入手可能な訳本は、あまりないようです。太田 昌秀氏の訳本が一番という話は聞いておりますが、値段がとても高く図書館などで借りるのが良いかも知れません。)



このページの最初に戻る

サイドボタンメニュー3.jpg
サイドボタンメニュー.jpg
お客様の声.jpg
バナー自己紹介.jpg
購入までのステップ.jpg
参考価格.jpg
ボタンshowroom1.jpg
ボタンshowroom.jpg
サイドボタンメニュー2.jpg
サイドボタン1.jpg
サイドボタン5.jpg
サイドボタン6.jpg
サイドボタン2.jpg
サイドボタン4.jpg
図書館.jpg
図書室1.jpg
図書室2.jpg



images1.jpg

クワドラロゴ.jpeg

logo_dutchwest.gif

bg2f.jpg

nestor_logo.jpg