タープの張り方 火の熾し方  
高桑信一 著

_RKI2196 (1).jpg

タープの張り方・火の熾し方・・・
タイトルだけでディープな沢屋の焚き火本だと分かる。


最初のページをめくれば、

森深く源流のきわでオンボロタープの下、
焚き火のそばで眠っている写真に以下のコトバ

渓と森に
  深く同化する



もう、このページだけで
若き頃、青森の白神山地のブナ林を流れる渓を徘徊していた私には、
この本を購入する動機付けができたわけで
はい、2400円もするこの本をすぐに買ってしまったわけ。


この著書のサブタイトルは
「私の道具と野外生活術」
となっていますが、私的には

「私の沢人生・商業主義からの離脱」

ちがうな

「私の沢人生・いかにして私は悦楽的ドロップアウトに至ったか」

な感じではないかと思われる痛快な内容なのだ。

だいたいにして渓を辿る沢屋は、
今の日本のシステムはクソ食らえで
商業的なものには目もくれず、
独自の生活を営むのが常。
(もしくはシステムの中で悶々としているか・・・)

すでに世界のことが少しだけ分かりかけてきて、
冒険を読書の中に求めつつある貴方には、
まさに最適の書と言えましょう。

若いときは体で冒険し、家族が出来ると脳で冒険するのが
オトコというもの。

せめて家の中で薪ストーブを焚いて
こんな良書を
読みふけるとしましょうか。






このページの最初に戻る

サイドボタンメニュー3.jpg
サイドボタンメニュー.jpg
お客様の声.jpg
バナー自己紹介.jpg
購入までのステップ.jpg
参考価格.jpg
ボタンshowroom1.jpg
ボタンshowroom.jpg
サイドボタンメニュー2.jpg
サイドボタン1.jpg
サイドボタン5.jpg
サイドボタン6.jpg
サイドボタン2.jpg
サイドボタン4.jpg
図書館.jpg
図書室1.jpg
図書室2.jpg



images1.jpg

クワドラロゴ.jpeg

logo_dutchwest.gif

bg2f.jpg

nestor_logo.jpg